• 常滑・半田市・本格木造住宅の森政森政のFacebook
  • 森政のInstagram
  • 森政ブログ
  • 資料請求
  • 森政森政連絡先
ごあいさつ「少年時代」トップイメージ ごあいさつTOPへ戻る 1.少年時代〜 2.〜創業に至るまで 3.創業〜これから〜
イメージ

大学で学んだ大事な事

友人に勉強と学ぶ事の楽しさを教えて貰ったおかげで、高校・大学と順調に進学する事が出来ましたが、私の学生時代は、大阪で、一軒家の一部屋を間借りした下宿生活でした。

親も苦しい中、学費を捻出してくれたみたいでしたが、途中から生活費が送れない状態に至り・・・
アルバイトをしてやりくりする生活になりました。

手当たり次第にアルバイトした思い出がありますが、生活は、貧乏そのものでした。(のちの自分の結婚式では、大学時代一緒に間借りしていた友人に、あんな貧乏生活は、もう絶対にやめましょうとのスピーチをいただいたぐらいです・・・)

アルバイトもいろいろ(生協・レストラン・ライブハウスの警備員・スーパーの肉屋・おもちゃ屋・道路の警備員・土木作業員などなど)かけ持ちなどをしたおかげで、いろんな職種を経験できて狭かった人生観の器を大きくしてくれたと思えます。

学生時代のお金の無い中での楽しみの一つとして、バイクでのツーリングが上げられます。
当時は、ユースホステルや野宿をしながら西日本を中心にいろいろな旅をしました。
実に無計画な旅で(笑)途中でお金がなくなったりもした事がありましたが、不思議なもので、そんな時には、助けてくれる人が必ず現れ、人の温かみを感じさせてくれた思い出がいっぱい有ります。

ツーリングの旅は、今考えると、自分が知らないものへの好奇心と行動力を植え付けてくれたと思えます。
思えば、結局学生生活では、コンパとかも一度も参加したこともなく(金もないので・・・)都会に住んでいても、その利点が活かせなかった点が唯一、学生生活で後悔した点です(笑)

大学では、橋梁を専攻して、日々計算と図面作成の毎日でしたが、就職は、町づくりの開発などのコンサルタント会社へ就職することに決めました。
当時は、とにかくスケールの大きいものの仕事に従事したかった思いが強かったのだと思います。

今、思い返せば大きなものを形成しているマクロの部分から、実際それを形成しているミクロの部分(ソフトの部分)とも言える「人」へと、学生時代から現在まで自分が着眼する部分が変わってきた様子がとても懐かしく感じています。

そうした意味では、長い廻り道(学生時代とか)をへて結局中学校時代の将来なる職業として考えていた大工と農家という部分に戻ってきた気がしますが、人間形成とか、知識という点でいえば、その遠回りな道が、「考える・勉強する・努力する・人の話は聞く・楽しては生活できない・世の中いろいろな価値観を持った人がいる・・・」こんなことを教えてくれた大切な時間だったと思います。

社会人になって・・・

卒業当時は世に言うバブル時代に差し掛かっており、就職も完全に売り手市場だったので大手でもどこでも希望する会社を選びほうだいでした。(笑)

わたしは、当時の成長分野でもあった都市開発をしたかったので、都市開発コンサルティングを行っている会社に入社することにしました。

社会人としての基礎を始め多くの事をその会社では学ばせていただく事ができましたが、仕事は想像していたのとは少し違っていて、顧客中心と言うよりも多くの事業者とのバランスを取りながらビジネスとしての収益重視の都市開発でした。

もちろんその企業がおかしかった訳ではなく、当時はバブル時代でしたので、顧客の事を重視するような風潮ではなかった事が遠因だと思います。

幸いサラリーマン時代にはある程度ちゃんとした休みや休暇があったのでのでそこで私自身が何をしたいのか?と言う事を見つめ直す時間を持つ事ができました。

都市開発はやりがいのある仕事でしたが、もっとお客様と身近に接したい!要望を聞きたい!問題を解決したい!という想いがだんだん膨らんでいって入社から3年経った時に転職を決意しました。

イメージ
イメージ

いよいよ!独立!

今度はもう迷いや戸惑いはありません!
今度は自分のしたい事がはっきり具体化していますので、不動産会社へ最初から独立のための修行という形でお世話になりました。

昔からそうですが、道が見出したと同時にわたしは走り出す性格のようで・・・(笑)

おそらくその会社や仕事が自分には合ってたのかも知れませんが、1から10まで自分が責任を持って担当して出来るそこでの仕事にのめり込んで行きました。

月日はあっという間に過ぎて行き、当初より3年という約束であった修業期間を経て退社した後、平成6年から個人自営業を開始して平成7年に有限会社森政を設立いたしました。

自分の会社が出来た時・・・

これから自分が本当にみなさまが喜んでくれる、満足してくれる住宅が造れるだろうか?と深く自問した事は今でも鮮明に覚えています。

その不安を取り除くために学生時代より勉強が好きになってしまったのですが(笑)
常に成長・変化していく建築の世界を良く理解・利用する事がみなさまのお役立つと今でも信じています。

ごあいさつ「創業に至るまで」ボトムナビ 1.少年時代〜 2.〜創業に至るまで 3.創業〜これから〜 ごあいさつTOPへ戻る
ページトップへ
愛知・常滑で外断熱・エアサイクルの注文住宅の家を建てるなら、森政へ。
愛知・常滑・知多半島で家を建てるならわたしたちにお任せ下さい。

【施工エリア】
愛知県(常滑市、半田市、阿久比町、東海市、大府市、知多市、東浦町、武豊町、美浜町、南知多町)
※その他地域も、相談内容により承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。

有限会社 森政

〒479-0043 愛知県常滑市古社20番地7
建設業免許:愛知県知事免許(般-24)第63175号 
宅地建物取引業免許:愛知県知事免許(5)17560号
登録店表記 日本住宅保証検査機構 住宅保証機構 ジャパンホームシールド
All Rights Reserved © morimasa

ページトップへ